*

グラニート 独裁者に爪をかけろ

公開日: : 上映会, 人権を守る憲法, 作品紹介

グラニート 独裁者に爪をかけろ

監督:パメラ・ウェイツ

2010年制作・アメリカ・スペイン・グァテマラ合作映画・105分

第24回案内チラシ「グラニート」160301

上映の情報

第24回「憲法を考える映画の会」

日時:2016年3月26日(日)13:30~16:30

会場:東京体育館 第1会議室

(総武線千駄ヶ谷駅・地下鉄大江戸線国立競技場駅2分)

映画『グラニート─独裁者に爪をかけろ』

参加費:一般1000円 学生600円

【映画の解説】

ある日、ニューヨークのドキュメンタリー映画作家パメラのもとに、スペインの国際弁護士アルデムナから連絡が入る。

現在、スペインで進行中 の、「80年代の中米グァテマラでの先住民大量虐殺事件」について、当時の独裁者リオス = モント将軍を国際法廷で訴追するための証拠を捜しているというのだ。

パメラは、80年代にグァテマラで、虐殺事件の取材をしたことがあった。 その経験をもとにドキュメンタリー映画『山が震えるとき』を発表し、サンダンス映画祭グランプリを獲得、また、その主要出演者だったマヤ・キ チェー族の女性運動家リゴベルタ・メンチュウを世界に紹介したことがある。しかしまだ、グァテマラでの膨大な未編集のフィルムが倉庫に眠っ ている。

これらを証拠に、行方不明者45000人を含んで、20万人にも及ぶグァテマラのジェノサイドとその責任を立証できるか。

アルデムナの依頼に応じてフィルムを捜すうち、彼女の過去の記憶が鮮烈に蘇る。山地のゲリラ軍に極秘裏に接触した経験、その事実を隠して軍関係者と親しくなり同行取材した経験、大統領自身とのインタビュー ….。

そして、この国際法廷での証拠捜しと証言を通じて、20年の時を経て、ふたたび彼女は、当時の関係者と相まみえることになる。彼女に山で取材する ことを許したゲリラ司令官、彼女が乗っていた軍のヘリを撃墜した先住民ゲリラ兵士、何者かかから軍の秘密書類を託された女性ジャーナリスト。そし て、軍によって村ごと虐殺され、家族も皆殺しにされた中で、奇跡的に生き残った先住民の男性…。

さらにパメラの取材は、現在のグァテマラに続く。生命の脅迫を受けながら、グァテマラ市内から次々発掘される死体を調査する死体考古学者、父親が行方不明になったまま成長した少女。大量に発見された警察の 極秘文書。笑って虐殺の存在そのものを否定する大統領自身に対し、彼が当時のジェノサイドの最高責任者であったことをどう立証するか。スペイン の裁判所は、それに対してどう判断を下すのか。彼らの息が詰まるような攻防が始まる。

【予告編(英語版)】

https://youtu.be/-xysknE83js

granito_poster_426x612.525w_700h

【映画情報】

製作:Skylight Pictures
監督:パメラ・ウェイツ
アメリカ・スペイン・グァテマラ合作映画

日本語版制作:長谷川ニナ 八木啓代

1980年代軍事独裁政権下の中米グァテマラで20万人ものマヤの人々が虐殺されたという。
過去の虐殺をどう立証するのか。その責任を問うべく、スペイン・グァテマラ・ニューヨークを結んで、国際法廷での息が詰まるような攻防が始まる。

2011年度「ヒューマン・ライツ・ウォッチ国際フェスティバル」オープニング上映作品
2011年度「パリ国際人権フィルム・フェスティバル」ベスト・クリエイティブ・ドキュメンタリー 作品賞
2011年 「Politics on Film」審査員特別賞
2011年 「サンダンス映画祭」公式招待作品
2014年 「Britdoc Impact Award」受賞(社会に対し最も偉大な影響を与えたドキュメンタリー映画に与えられる賞)

配給:現在、日本語版を制作された長谷川ニナさん、八木啓代さんのご紹介で日本語版の上映、DVD販売について「憲法を考える映画の会」で制作会社のSkylight Picturesに交渉しようとしています。

詳細がわかりましたらこの欄でもご紹介したいと思いますが、上映あるいはDVDをご希望の方はこの「憲法を考える映画」のページにお問い合わせ下さい。

【関連サイト】

映画『グラニート』が描くグアテマラ集団虐殺に裁きを求める闘い(Democracy Now)http://democracynow.jp/video/20110915-3

法的に虐殺を裁くということ:映画「グラニート 独裁者に爪をかけろ!」(八木啓代さん)http://blogos.com/article/143538/

vlcsnap-2016-01-12-22h37m42s64

グラニートスチール1

グラニートスチール2

 

 

ad

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

関連記事

sensouwoshinai

戦争をしない国日本

この映画は憲法公布60周年にあたり、日本国憲法とその平和主義をめぐる規定が、なぜ、どのように

記事を読む

hisashi

井上ひさしさん九条を語る

  世界は九条の世界を実現しようとしている 2010年4月9日に亡くな

記事を読む

中国インデペンデント映画祭p.1

中国インデペンデント映画祭

中国インデペンデント映画祭 と き:12月12日(土)〜27日(日) ところ:ポレポレ

記事を読む

ハトは泣いているオモテ

ハトは泣いている 時代(とき)の肖像

ハトは泣いている 時代(とき)の肖像 「公正中立」って何だ?民主主義って何だ?浮き彫りにされるキナ

記事を読む

第25回憲法映画祭160501 オモテ

憲法映画祭2016 5月1日

憲法映画祭2016   と き:2016年5月1日(日)11時〜19時 ところ:東京体

記事を読む

o1020140413713289040

飯舘村の母ちゃんたち 土とともに

飯舘村の母ちゃんたち 土とともに 原発事故から5年 古居みずえ監督が描く へこた

記事を読む

日本と原発オモテ

『日本と原発』

映画『日本と原発』   【解説】 この映画は、弁護士河合弘之と盟友弁護士海渡雄一、訴訟を共に闘

記事を読む

イスラム映画祭2015p1

イスラム映画祭2015

イスラム映画祭2015 と き:2015年12月12日(土)〜18日(金) ところ:ユーロスペー

記事を読む

kato

加藤周一さん九条を語る

評論家として生き、運動に直接かかわることのなかった加藤さんが、自ら呼びかけ人となって実践にの

記事を読む

アムネスティ・フィルム・フェスティバル表

アムネスティ・フィルム・フェスティバル2015

アムネスティ・フィルム・フェスティバルのご案内 政府を批判するだけで投獄される、 紛争下で人びと

記事を読む

ad

ad


第36回「『テロリストは誰?』3
テロリストは誰?

テロリストは誰? 映画『テロリストは誰?』 2004年 フランク・ド

第35回「『知事抹殺』の真実」
「知事抹殺」の真実

「知事抹殺」の真実 映画『知事抹殺の真実』2016年制作 我孫子亘監

第34回憲法映画祭2017(2017・3・20)オモテ
憲法映画祭2017

憲法映画祭2017   【憲法映画祭2017】のご案内

第33回「武器なき斗い」20170225
武器なき斗い

武器なき斗い 『武器なき斗い』(140分)監督:山本薩夫

テロ等準備罪は必要か?
上映会にインターネットTVの取材が来ました。

前回の『横浜事件を生きて』の上映会には,テレビ朝日系のインターネット報

→もっと見る

PAGE TOP ↑