*

映画「天から落ちてきた男」

公開日: : 上映会, 作品紹介, 戦争を考える

映画「天から落ちてきた男」

第49回「天から落ちてきた男」190302入稿用

【上映情報】

49憲法を考える映画の
日 時:
201932日(土)13時00分開場

会 場:文京区民センター3A会議室(地下鉄春日駅・後楽園駅)
プログラム:
13
301500 映画天から落ちてきた男』上映
ドキュメンタリー映画 2016年/メキシコ/80分/モデスト・ロペス監督

15101640 トークシェア
お話:モデスト
ロペス監督(予定)
参加費:
一般1000円 学生500円 

【映画の解説】

1970年代、軍事政権下のアルゼンチン・トゥクマン州の片田舎ポソ・オンドの村に、天から男の遺体が落ちてきた。
軍のヘリから落とされたらしいその遺体を、村人たちは丁重に供養するが、いつしか、拝むと御利益があると信じられるようになり、聖人として信仰の対象となっていった。

それから40年の時を経て、その村に、調査団の法医学者たちがやってきた。
「聖人の遺体」を掘り返すことに抵抗する村人を説得し、DNA鑑定を行ったことで、その「天から落ちてきた男」にかかわる驚くべき真実が明らかになっていく──。
遺体は本当に聖人にふさわしい存在だったのか?
そもそも、どうして天から落ちてきたのか?
なぜ村人は彼を祀ったのか?

1970年代、軍事政権下のアルゼンチンで何が起こっていたのか?
「男」の出身地に伝わっていた悪魔伝説の真相は?
そして、すべてが明らかになったとき、「聖人」に対して村の人々の取った意外な行動とは?

軽快なアルゼンチン民謡のリズムに乗って、信じられないような実話を追う中で、今もアルゼンチンの社会に影を落としている事件が、ミステリアスに浮かび上がってくる。

2016年制作/メキシコ映画/80分
モデスト・ロペス監督作品
日本語版制作:長谷川ニナ・八木啓代

【翻訳者:八木啓代さんから映画の紹介】

この映画は、2016年にモデスト・ロペス監督によって制作されました。
自身がアルゼンチン軍政下からの政治亡命者である監督は、メキシコでは音楽プロデューサーとしても知られる人物ということもあり、ペテコ・カラバハル、ファン・ファルーといった、アルゼンチン・フォルクローレ界の大物ミュージシャンたちが音楽で参加しているのも、この映画の魅力の一つになっています。

アルゼンチンでは1970年代、軍事政権下で数万人の人々が行方不明になったとされています。その大半が殺害されたと考えられていますが、その真相はいまだ明らかになっていない部分がたくさんあります。

そんな中で、DNA鑑定によって身元が明らかになったある遺体が、どういうわけか田舎の村の人たちの「信仰の対象」になっていたという信じられない実話を新聞で読んだ監督のモデスト・ロペス氏は、最初は単なる好奇心から問い合わせを始めました。

すると、偶然にも人脈がつながり、さらに、当初の想像を大きく超える意外な事実が次々に明らかになってきたことをきっかけに、この映画は制作されました。

音楽関係者として監督と長年の友人であった八木啓代は、2018年初旬、中米での国際フェスティバルに参加のためにメキシコに立ち寄った際、この作品のDVDを監督本人から渡されました。正直、最初はそれほど期待していたわけではなく、「おつきあい」のつもりで見始めたのですが……時間を忘れるほどの、あまりの面白さに、先の読めない展開! これはすごいと長谷川ニナにも薦め、2人してすっかりはまったのです。

映画公式ホームページ:http://caido.latinamerica-movie.com/

content_ac8eb240f4a59d404907887707c3d8e748f16b87 スクリーンショット 2019-02-08 15.30.46  a17c9aaa61e80a1bf71d0d850af4e5baa9800bbd.-3 a17c9aaa61e80a1bf71d0d850af4e5baa9800bbd.-2

【スタッフ】

監督:モデスト・ロペスについて

1945年、スペイン生まれ。両親に連れられて幼少時にアルゼンチンに移住し、1963年から66年まで演劇を学ぶ。

modesto.jpg1968年、友人たちとアルゼンチン学生演劇協会を設立。舞台俳優として、アルゼンチン国内の多くの演劇、映画作品に出演するほか、演出・監督も手がけるようになる。

1975年、劇団シリポにて、米国、メキシコ、コスタリカ、コロンビア等、アメリカ大陸の12の国を長期巡演。1978年にはエクアドル、ペルー、ボリビアなどで4ヶ月にわたって300回以上の講演を行う。80年にはニカラグア革命を祝した「マナグアの春」フェスティバルをプロデュース。50グループ以上の音楽グループ、10万人以上の観客動員の大成功を収める。

1981年にメキシコに移住。メキシコシティでレコード会社『ペンタグラマ』を設立。以後、メキシコを拠点にラテンアメリカのすぐれた音楽を紹介するとともに、ドキュメンタリー映画の制作を手がける。

クレジット

  • モデスト・ロペス  監督
  • ロサ・マルタ・デ=セア、ギジェルモ・テジョ  製作
  • シュル・クリスティアンズ、モデスト・ロペス  編集
  • ギジェルモ・テジョ  撮影
  • ファン・ファルー、マリオ・バラス、ペテコ・カラバハル他  音楽

出演者

  • エステル・トコナス
  • ビクトリア・トコナス
  • ロサリア・トコナス
  • マルコス・タイレ
  • シビラ・カンプス
  • パブロ・ガジョ 他

 

 

 

 

ad

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

関連記事

第47回「南京!南京!」20181208入稿時

映画『南京!南京!』

映画『南京!南京!』 【上映情報】 第47回憲法を考える映画の会『南京!南京!』 と き:

記事を読む

7月11日北海道新聞

北海道新聞「映画で憲法考えよう」紹介

北海道新聞「映画で憲法考えよう」紹介 7月11日の北海道新聞の「『不戦』どこへ」という記事の一

記事を読む

yasukuni

靖国 YASUKUNI

脅迫、抗議などを怖れ、上映前から大きな話題を呼び、上映が決まってからも、急遽上映を取りやめる

記事を読む

Image

ハーツ・アンド・マインズ ベトナム戦争の真実

ハーツ・アンド・マインズ ベトナム戦争の真実 これは、様々な証言や取材映像、ニュース・フィルム、戦

記事を読む

第53回「ニジノキセキ」20191026コピー3

映画「ニジノキセキ─「4.24」の未来へ、七色の架け橋─」

映画「ニジノキセキ─「4.24」の未来へ、七色の架け橋─」 第53回憲法を考える映画の

記事を読む

アルマジロ

アルマジロ

映画「アルマジロ」 デンマーク映画/制作2010年/105分 監督: ヤヌス・メッツ 20

記事を読む

annai

戦争案内

明治以来日本が起こした戦争は、いったい誰がなぜ始めたのだろうか?アジア各国への長年の 取材と

記事を読む

sanga

いのちの山河 日本の青空Ⅱ

「日本国憲法」が施行されてから60年あまり。戦後の日本が60年以上もの間、かろうじて戦争をす

記事を読む

kato

加藤周一さん九条を語る

評論家として生き、運動に直接かかわることのなかった加藤さんが、自ら呼びかけ人となって実践にの

記事を読む

ファルージャチラシ表面

「ファルージャ」上映会(国分寺)のお知らせ

「ファルージャ」上映会(国分寺)のお知らせ   7月24日(木)7月25日(金)国

記事を読む

ad

ad


第55回「アフガニスタン 用水路が運ぶ恵みと平和」20200211入稿時原稿
映画『アフガニスタン 用水路が運ぶ恵みと平和』

アフガニスタン 用水路が運ぶ恵みと平和 【上映会情報】

「自主制作映画見本市#2」20200113オモテ
自主制作・上映映画見本市#3

自主制作・上映映画見本市#3   と き:2020年1月13日

第54回「主戦場」20191128制作オモテ
映画「主戦場」

映画『主戦場』 【上映情報】 第54回 憲法を考え

「靖国・地霊・天皇」上映とお話の会-2オモテ
「遠近を抱えてPART2」「靖国・地霊・天皇」上映会

「遠近を抱えてPART2」「靖国・地霊・天皇」上映会   【上映情

天皇制を考える20191012
特別講演会 「現代天皇制による『心の支配』」

憲法を考える映画の会 映像とお話 特別講演会  10月22日即位の礼

→もっと見る

PAGE TOP ↑