*

シロウオ 原発立地を断念させた町

公開日: : お知らせ, 作品紹介, 原発を考える

シロウオ 原発立地を断念させた町

監督:かさこ

2014年/日本映画/分

e0171573_22492050

故郷を、自然を、仕事を、そして家族を守りたい――
原発反対運動を成功させた人々の証言ドキュメンタリー

東日本大震災による東京電力福島第一原子力発電所の事故により、
広く国民に原発の危険性が知れわたることとなったが、
今から30年以上も前に、「いつか必ず原発事故が起きる。
危険な原発は建てさせない」と住民が反対運動を行い、
原発計画を断念させた場所が全国に34ヵ所あった。
中でも紀伊水道をはさんで、双方の住民たちが協力し合い、
原発計画を 断念させたのが、徳島県阿南市椿町の「蒲生田原発」と、
和歌山県日高町 の「日高原発」だ。

南海トラフ三連動超巨大地震が心配される今、
全国各地の原発再稼働が 争点となっているが、
なぜ彼らはチェルノブイリ原発事故や福島原発事故 が起きる前に、
危険性に気づき、計画を追い出すことができたのか。
当時、 反対運動に関わった住民などにインタビューし、
彼らの証言を中心に約105分の映像にまとめた。

【上映の情報】

 

「シロウオ(原発立地を断念させた町)」上映会(2016/01/28 東京・足立)
 
と き:1月28日(木)14時からと18時半からの2回上映
ところ:西新井ギャラクシティー3階多目的室
料 金:1000円(前売り800円)
主催・原発と足立を考える会
問合せ 090-7829-9924 (平坂)

【予告編】

【映画の解説】

 

【公式ホームページ】

http://www.kasako.com/eiga1.html

ものがたり(公式ホームページより転載)

原発マネーを拒否し、原発計画を追いやった徳島県蒲生田原発と、
和歌山県日高原発の反対運動を行った住民にインタビュー。
なぜ原発に反対できたのか。当時、計画推進のためにどんなことが横行していたのか。
福島の事故をどうみるか。今、原発のない町で幸せかどうか――。
原発問題を考える上での示唆がここに凝縮されている。

e0171573_0295171

【DVD購入】

2015年12月にDVD(104分)の販売をスタートしました。
価格:3000円+消費税+送料100円(8ページの解説冊子つき)
<購入希望の方>
メールまたはFAXまたはハガキにて
1:お名前 2:住所 3:電話番号 4:購入本数
をお知らせください。

・メールの方 kasakotaka@hotmail.com
・FAXの方 042-381-7770
・ハガキの方 〒184-0012 東京都小金井市中町2-5-13
シロウオ上映委員会:矢間まで

<購入の流れ>
申込→振込用紙送付→振込→振込確認後、発送

※DVDの販売・発送については
シロウオ上映委員会の矢間が一括して行います。

【上映問合せ】

映画「シロウオ~原発立地を断念させた町」(105分)を上映してくださる方を募集しています。
上映の貸出条件は1日3万円+(動員数×500円)+消費税※上限10万円+消費税。
※10万円超は主催者の収益となります。※1日何度上映していただいても構いません。
ぜひ多くの方に映画を見てもらいたいと思いますので、ご検討いただければ幸いです。

<上映企画の手順>
1:上映企画の前に映画をご覧いただく内覧会を開催します。
映画上映を検討している方は、DVDまたはブルーレイを見れる場所を抑えていただければ、
(自宅などでも可)
プロデューサー矢間または監督かさこがDVDまたはブルーレイを持参し、その場でお見せいたします。

2:上映企画しているスタッフのみなさまに内覧会で映画をご覧いただき、
「この映画をぜひ上映したい!」と思いましたら、上映会の会場を抑えていただき、
正式に下記、上映申込書をお送りください。

PDF:上映申込書 PDF:上映の手引き

3:上映日程、申込方法などが決まりましたら、お知らせいただければ、
映画公式ホームページ、監督のブログ・ツイッター・フェイスブックなどで告知させていただきます。

4:上映会終了後、下記報告書をお送りください。
PDF:上映報告書

<お問い合わせ>
シロウオ上映委員会;矢間(ヤザマ)まで
TEL・FAX:042-381-7770 E-mail:h-yazama@oregano.ocn.ne.jp
〒184-0012東京都小金井市中町2-5-13

【映画情報】

スタッフ

監督 かさこ

製作・脚本 矢間秀次郎

撮影 中井正義

録音 田辺信道

水中撮影 山口敬志 

ナレーション 大橋ひろこ
題字 村松昭
エンディングテーマ『魂の輝き、それはFと共に』~CD『魂の歌』より。

作曲:岩代太郎、

演奏:東京都交響楽団、

音楽協力:SHOCHIKU RECORDS

 

ad

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

関連記事

hima

死んどるヒマはない ─益永スミコ86歳

益永スミコさんは、1923年大分で生まれた。教育勅語で育ち「軍国少女」だった彼女は、助産婦と

記事を読む

立憲主義の破壊にあらがう2

公開研究会「『集団的自衛権』の違憲性」

公開研究会「『集団的自衛権』の違憲性」 【内容】 あいさつ 伊藤真(法学館憲法研究所所

記事を読む

ハトは泣いているオモテ

ハトは泣いている 時代(とき)の肖像

ハトは泣いている 時代(とき)の肖像 「公正中立」って何だ?民主主義って何だ?浮き彫りにされるキナ

記事を読む

亡国の安保政策

栁澤協二さん講演「迷走する集団的自衛権」+αのご紹介

栁澤協二さん講演「迷走する集団的自衛権 政府の言う15事例は現実に起こりうるのか?」のご紹介 9月

記事を読む

140612戦争をさせない1000人委員会集会

戦争をさせない1000人委員会「全国署名提出集会と抗議行動」ご案内

戦争をさせない1000人委員会が6月12日、全国署名提出集会と抗議行動を行います。 日時:6月12

記事を読む

アムネスティ・フィルム・フェスティバル表

アムネスティ・フィルム・フェスティバル2015

アムネスティ・フィルム・フェスティバルのご案内 政府を批判するだけで投獄される、 紛争下で人びと

記事を読む

%e7%ac%ac31%e5%9b%9e%e3%80%8c%e6%a8%aa%e6%b5%9c%e4%ba%8b%e4%bb%b6%e3%82%92%e7%94%9f%e3%81%8d%e3%81%a6%e3%80%8d%e3%82%aa%e3%83%a2%e3%83%86

横浜事件を生きて

横浜事件を生きて 1990年日本映画 58分 松原明監督   【上映

記事を読む

stop

STOP戦争への道 続 戦争をしない国日本

憲法の伝道師伊藤真弁護士語りおろしDVD  改憲を阻止するようにあらゆる事をしなくては

記事を読む

o1020140413713289040

飯舘村の母ちゃんたち 土とともに

飯舘村の母ちゃんたち 土とともに 原発事故から5年 古居みずえ監督が描く へこた

記事を読む

20110826_hurui_001C

【更新】『ぼくたちは見た ガザ・サムニ一家の子どもたち』を作品紹介に加えました。

『ぼくたちは見た ガザ・サムニ一家の子どもたち』を作品紹介に加えました。 パレスチナ・ガザでほ

記事を読む

ad

ad


第36回「『テロリストは誰?』3
テロリストは誰?

テロリストは誰? 映画『テロリストは誰?』 2004年 フランク・ド

第35回「『知事抹殺』の真実」
「知事抹殺」の真実

「知事抹殺」の真実 映画『知事抹殺の真実』2016年制作 我孫子亘監

第34回憲法映画祭2017(2017・3・20)オモテ
憲法映画祭2017

憲法映画祭2017   【憲法映画祭2017】のご案内

第33回「武器なき斗い」20170225
武器なき斗い

武器なき斗い 『武器なき斗い』(140分)監督:山本薩夫

テロ等準備罪は必要か?
上映会にインターネットTVの取材が来ました。

前回の『横浜事件を生きて』の上映会には,テレビ朝日系のインターネット報

→もっと見る

PAGE TOP ↑