*

米倉斉加年「戦争とは人が人を殺したり殺されたりすること。平和とは、人が生きられるということ」

公開日: : お知らせ, ごまめのはぎしり

米倉斉加年「戦争とは人が人を殺したり殺されたりすること。 平和とは、人が生きられるということ」

転載(『週刊金曜日』8月23日号 新・わたしと憲法シリーズ)

米倉斉加年さんが亡くなりました。
米倉さんは、市川房枝さんの選挙応援を買って出ていたご縁で『八十七歳の青春─市川房枝生涯を語る』のナレーターをお願いしました。

80年選挙2 80年選挙3

 

 

『週刊金曜日』の記事に米倉さんの憲法に対する発言があったので、一部ブログから転載させていただきます。

米倉斉加年

今の憲法は戦争を二度としないためにできたのだから、それを変えるのは、戦争をまた始めるということとリンクしているのはすぐわかる。

敗戦のとき11歳でしたが、弟は戦争中に餓死しました。
父親が戦争にとられ、女手一つで僕らを育てた母が困窮し、お乳が出なくなったからです。
そんな例はたくさんあったはずで、僕らの五歳前後上の女性も未婚者が本当に多い。
同年代の男性がおびただしく死に、さらに婚約者や恋人が次々に死んでいったからです。
学童疎開で田舎に行き、家に戻ったら親や家族が空襲で殺されていて孤児になった子どもたちも、どれほどいたか。
そんな時代をひもじい思いをして生き抜いてきた僕らだから、本能的にわかる。
「戦争とは人が人を殺したり殺されたりすること。平和とは、人が生きられるということ」とね。
理屈じゃないんだ、これは。
だから僕らがいちばん欲しているのは、戦争をしないこと。
死ぬためではなく、僕らの命と生活を守るためにあるのが憲法でしょう。
そこには愛する人を失い、あるいは愛する人がいながらこの世を去らねばならなかった無数の人びとの思いが込められているんじゃないのか。
そしてそういう思いから、この憲法が生まれたのではないのか。
だからこそ、言いたいんです。
どうあってもこの憲法を大事にしたい、絶対に根幹である九条は変えさせたりはしないと。

振り返れば、多くの人びとが戦争で死んだのはこの国だけではないはず。
戦後そういう現実を前に、人間の何かの良心の光が一瞬輝いてこの憲法が生まれたんだよ。
だってそこには、「戦争はしません」という、人類ができなかったようなことが理想として掲げられているんだから。

「国防軍」なんて書かれてある「新憲法草案」が登場したいま、僕らの世代こそがこうした声を叫ばねばならないでしょう。
憲法が示しているこの国の正しい道を、僕らの子孫にも、これからもずうっと歩んでほしいからね。
******************************
米倉さんのご冥福を祈るためにも、「憲法を示しているこの国の正しい道をこれからも歩んでいくために努力しなければ、と思いました。S.H.

 

ad

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

関連記事

第20回案内チラシ「誰も知らない基地のこと」150825(色-フェリオ).pptx

第20回 「憲法を考える映画の会」『誰も知らない基地のこと』

第20回 「憲法を考える映画の会」 『誰も知らない基地のこと』 第19回「憲法を考える映画の会」

記事を読む

写真

小平でもで考えたこと(子供たちにどう話せるか?)

【報告】小平デモに5日の日、行ってきました。 デモ行進がはじまる前のスピーチの最後は親子連れでした

記事を読む

野獣たちのバラードリーフレット

【更新】「ありふれたファシズム」の作品紹介・上映会案内

「ありふれたファシズム」の作品紹介 第14回憲法を考える映画の会に上映する「ありふれたファシズム─

記事を読む

十代の君たちへ

書籍『十代の君たちへ─ぜひ読んでほしい憲法の本 日野原重明著』のご案内

書籍の紹介になりますが、いま、日本国憲法を知り考えたいと思っている人たちにそして、日本国憲法につ

記事を読む

東京新聞こちら特捜部

各新聞「集団的自衛権」社説見出しの比較

各新聞「集団的自衛権」社説見出しの比較 東京新聞記事7月8日「こちら特捜部」では地元紙の「集団的自

記事を読む

gobaku

【更新】『GOBAKU』『ジャーハダ』を作品紹介に加えました。

DVD『GOBAKU アメリカは誰と戦っているのか?』『ジャーハダ イラク民衆の戦い』を作品の紹介

記事を読む

スクリーンショット(2014-06-23 0.13.48)

「解釈改憲に反対する市民行動」カレンダーをつくりました

「解釈改憲に反対する市民行動」カレンダーのご案内 随時、解釈改憲に反対する市民行動を紹介して行きま

記事を読む

シチズンフォー

映画『シチズンフォー スノーデンの暴露』(原題:”CITIZENFOUR”)

映画『シチズンフォー スノーデンの暴露』(原題:"CITIZENFOUR") 2014年/アメリカ

記事を読む

煙突屋ペロー

影絵アニメーション映画『煙突屋ペロー』アップしました。

影絵アニメーション映画『煙突屋ペロー』アップしました。 1930年、日本が戦争に向かう時代に若

記事を読む

一日本兵が撮った日中戦争p.1表紙

一日本兵が撮った日中戦争─村瀬守保写真パネル(全50枚)─

一日本兵が撮った日中戦争─村瀬守保写真パネル(全50枚)─のご案内 ひとりひとりの兵士を見ると、

記事を読む

ad

ad


第65回憲法を考える映画の会『TOMORROW明日』2022年8月13日 3(7月25日版)オモテ
第65回憲法を考える映画の会『TOMORROW 明日』上映会

第65回憲法を考える映画の会『TOMORROW 明日』上映会

第2回国分寺憲法をる映考え画の会20220717オモテ
闇に消されてなるものか 写真家 樋口健二の世界

映画『闇に消されてなるものか 写真家 樋口健二の世界』 【上

第8回小映画会「独裁者」20220625
第8回憲法を考えるちいさな映画の会(試写会)『独裁者』

第8回憲法を考えるちいさな映画の会(試写会)『独裁者』

シバサシ
憲法を考える映画の会―小さな上映会@中野『シバサシ―安里清信の残照―』

憲法を考える映画の会―小さな上映会 @中野 “抗い”の軌跡を見つめ

第1回国分寺「荒野に希望の灯をともす」2022年5月15日オモテ
第1回 憲法を考える映画の会@国分寺『荒野に希望の灯をともす〜医師・中村哲 現地活動35年の軌跡〜』

第1回 憲法を考える映画の会@国分寺 「中村哲さんと日本国憲法を考え

→もっと見る

PAGE TOP ↑