*

「ハーツ・アンド・マインズ」上映会 きょうです!

公開日: : 最終更新日:2015/11/28 お知らせ, 上映会

11月28日憲法を考える映画の会は「ハーツ・アンド・マインズ」です。

日時:11月28日(土)13:30~16:30

会場:東京体育館 第2会議室

(総武線千駄ヶ谷駅・地下鉄大江戸線国立競技場駅2分)

映画『ハーツ・アンド・マインズ』(112分)1974年制作アメリカ映画

参加費:一般1000円 学生600円

第22回案内チラシ「ハーツ・アンド・マインズ」151128()

 

憲法を考える映画の会のご案内をさし上げます。第22回目は11月28日(土)きょうです。

今回は「ベトナム戦争から考える」をテーマに 『ハーツ・アンド・マインズ 』 (1974年アメリカ映画)をプログラムとしました。

ベトナム戦争とはどのような戦争だったのだろうか?                                      アメリカは、なぜいまも「アメリカの戦争」を続けるのだろうか?                                 そして私たちはいま、その「アメリカの戦争」に直接加わろうとしている。

Original_17722_2

ベトナム戦争と聞いて、あなたはどのような画面を思い浮かべますか?  『映画 日本国憲法』の監督ジャン・ユンカーマンさんは、講演の中で「日本人は、悲惨な戦争を体験して『二度と戦争はしまい』と誓った。それが日本人の中の日本国憲法になった。憲法は戦後70年、日本と日本人、そして世界の人々を守ってきた。しかしベトナム戦争に負けたアメリカ人は誓わなかった。だから未だに戦争をやめられない」と話しておられました。

ha-tsu.and.mainzu_02

「アメリカは10年に一辺は戦争をしないと、経済が持たない国になってしまった」とも言います。それがベトナム戦争をはじめとする「アメリカの戦争」と言われているものです。 その「アメリカの戦争」にいま、日本は直接加わろうとしています。

ベトナム戦争を通して、アメリカの戦争を知るところから考え始めましょう。そうした戦争に、加わらないために盾の役割をしてきた日本国憲法についてもう一度考えてみませんか?もう一度、日本国憲法の誓いを、世界に広げていくためにも、アメリカの戦争に加わろうとする力を止めましょう。

そうしたいまの視点から、この映画を見ていきたい、ベトナム戦争から考えることをしたいと思いました。

ad

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

関連記事

7月11日北海道新聞

北海道新聞「映画で憲法考えよう」紹介

北海道新聞「映画で憲法考えよう」紹介 7月11日の北海道新聞の「『不戦』どこへ」という記事の一

記事を読む

第34回憲法映画祭2017(2017・3・20)オモテ

憲法映画祭2017

憲法映画祭2017   【憲法映画祭2017】のご案内 と き:4月29日(祝)30日

記事を読む

アルマジロ

【更新】作品紹介『アルマジロ』アップしました。

【更新】作品紹介『アルマジロ』アップしました。 作品紹介の欄に『アルマジロ』をアップしました。

記事を読む

第16回憲法を考える映画の会案内チラシオモテ(150220).pptx

第16回憲法を考える映画の会「証言 侵略戦争」のご案内

第16回憲法を考える映画の会は「証言 侵略戦争」三部作を見て話し合います。 第16回憲法を考える映

記事を読む

第35回「『知事抹殺』の真実」

「知事抹殺」の真実

「知事抹殺」の真実 映画『知事抹殺の真実』2016年制作 我孫子亘監督 80分   第

記事を読む

無知の知オモテ

無知の知

無知の知   【映画の概要】 私は私自身が「原発」について「何も知らない」ということ

記事を読む

空想の森映画祭パンフ表紙

第20回空想の森映画祭

第20回空想の森映画祭のご案内 と き:2015年9月19日(土)〜9月22日(火) ところ

記事を読む

野獣たちのバラードリーフレット

【更新】「ありふれたファシズム」の作品紹介・上映会案内

「ありふれたファシズム」の作品紹介 第14回憲法を考える映画の会に上映する「ありふれたファシズム─

記事を読む

51lsHl6FmmL._SL500_SL160_

書籍「漫画家たちの戦争」のご案内

書籍「漫画家たちの戦争」のご案内 昨年刊行された全集ですが、こどもたちに戦争をどう伝えるかをマンガ

記事を読む

140803

【更新】『こわされた5つのカメラ』『沈黙を破る』の2作品を作品紹介に加えました。

イスラエルによるガザ攻撃で1000人以上の市民が殺されたと報道されています。このような殺戮

記事を読む

ad

ad


第43回「500年─独裁者を裁くのは誰か?」「グラニート」20180509決定稿
映画『500年─権力者を裁くのは誰か?』

映画『500年─権力者を裁くのは誰か?』   「第43回憲法を

朝日新聞2018年5月1日
「憲法を考える映画の会」紹介記事(朝日新聞)

「憲法を考える映画の会」紹介記事(朝日新聞) と き:2018年

憲法を考える映画のリスト2018オモテ
「憲法を考える映画のリスト」2018年版

「憲法を考える映画のリスト」2018年版 「憲法を考える

第42回憲法映画祭2018(3月11日修正原稿)オモテ
憲法映画祭2018

憲法映画祭2018 2018年4月29日(日)30日(休) 国立オ

第41回「ザ・思いやりパート2」20180224
『ザ・思いやりパート2 希望と行動編』

『ザ・思いやりパート2 希望と行動編』   チラシpdf

→もっと見る

PAGE TOP ↑