*

「平和ブランド」に傷

公開日: : お知らせ, ごまめのはぎしり

「平和ブランド」に傷 8月12日東京新聞記事(こちら特報部)

69年前の8月、日本人の多くが心から思ったことは、「戦争はもう嫌だ」という気持ちだったと思います。
それは世界の多くの人たちの気持ちでもあったと思います。
そのことが憲法第9条の第1項の「不戦の決意」になり、9条第2項の「戦力は保持しない」になりました。

日本人の多くはまた「軍国主義は嫌だ」と思い、「誰がこんな戦争をはじめたのか」とも考えたと思います。
満州事変など軍人が勝手に始めた戦争と思ったのですが、どうやら侵略や戦争で大儲けをした財閥が軍人を利用した、と言うことに気がつきます。つまり「軍国主義」の主役の軍人は番犬や猟犬に過ぎなかったのです。
東京新聞「平和ブランドに傷」
今、安倍政権が進めている「戦争できる国」構想には三つの矢があります。
集団的自衛権を使って対外的、対国内的に直接、戦争をする国になること。
秘密保護法などによって国民を統制する軍事国家を作ること。
そして武器輸出拡大を図って軍需産業大国になって経済を立て直すこと(原発輸出も含めて)
儲け話にはなかなかそれがおかしいとはいいにくい。
あまり反対とは言い出せないと行ってる間に、警察や公安が眼を光らせ「戦争は嫌だ」「戦争はいけない」「戦争に反対」と言えなくなる世の中になります。
まして「国のために」いのちをかけて戦っている人がいるのに「戦争は嫌だ」「戦争はいけない」「戦争に反対」とは言えなくなります。
それが安倍さんのねらっている対外的なものとは別な意味での「戦争ができる国」なのでしょう。
そして軍事産業は日本の歴史においても、また世界の戦争の歴史においても「戦争をつくりだす」大きな力です。
そこに安倍さんは一番力が入っているのではないでしょうか?

憲法を考える映画の会の第9回目、『ニッポンの嘘』でカメラマンの福島菊次郎さんは自衛隊と兵器産業の内部に潜入取材し写真集を刊行したとたんに暴漢に襲われ、家を放火されます。
ニッポンの嘘

第9回チラシ「ニッポンの嘘」131225-3案(ユーザー設定 ).ppt
いままでもずっとそうだったのでしょうが、ひそかに戦争への道を期待してきた彼らは、安倍さんに旗振りされて守られて日本経済の表舞台に出て来ようとしています。
新聞記事写真の彼らのうれしそうな、誇らしげな顔を見て下さい。
「パリの展示会では防衛副大臣が模擬銃の銃口を人に向け、ひんしゅくを買った。模擬銃でもご法度なのだ。好戦的な平和ぼけ。そんなたぐいの人たちが武器を売り歩く。

「平和ブランド」に傷 武器輸出3原則のからくり

ad

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

関連記事

disc_case

【更新】「憲法について考える」作品に8作品を追加

「憲法について考える」作品に8作品を追加しました。   戦争をしない

記事を読む

首相官邸の前で

映画『首相官邸の前で』

映画『首相官邸の前で』 【映画の解説(チラシ・ホームページより転載)】 2012

記事を読む

vlcsnap-2014-08-18-22h55m11s74

軍隊のこと、軍人のこと、兵隊のこと、兵士のことをもっと考えたい。

軍隊のこと、軍人のこと、兵隊のこと、兵士のこともっと考えたい。 昨日の「第2回憲法を考えるちいさな

記事を読む

国分寺9条の会1409-1

「私たちは国分寺まつりに出店を拒否されました」

「私たちは国分寺まつりに出店を拒否されました」 国分寺9条の会から会報が届きました。 8月3

記事を読む

琉球新報1面上

琉球新報記事「海が戦場 県人犠牲」

琉球新報特集記事「海が戦場 県人犠牲」 8月13日琉球新報では「沖縄戦70年」の特

記事を読む

第16回憲法を考える映画の会案内チラシオモテ(150220).pptx

第16回憲法を考える映画の会「証言 侵略戦争」のご案内

第16回憲法を考える映画の会は「証言 侵略戦争」三部作を見て話し合います。 第16回憲法を考える映

記事を読む

第22回案内チラシ「ハーツ・アンド・マインズ」151128()

第22回憲法を考える映画の会のご案内

第22回憲法を考える映画の会 『ハーツ・アンド・マインズ』を見て 私たちが今巻き込まれようと

記事を読む

野獣たちのバラードリーフレット

【更新】「ありふれたファシズム」の作品紹介・上映会案内

「ありふれたファシズム」の作品紹介 第14回憲法を考える映画の会に上映する「ありふれたファシズム─

記事を読む

首相官邸の前で

映画『首相官邸の前で』 を作品紹介にアップしました

映画『首相官邸の前で』 を作品紹介にアップしました。 http://kenpou-eiga.c

記事を読む

裁判所前の男

映画「裁判所前の男」

映画『裁判所前の男』 監督:松原明 2015年/日本/65分ドキュメンタリー 制作・配給:ビ

記事を読む

ad

ad


憲法を考える映画のリスト2019年版
「憲法を考える映画の会」および「憲法映画祭2020」の中止・延期のお知らせ

「憲法を考える映画の会」および「憲法映画祭2020」の中止・延期のお知

第55回「アフガニスタン 用水路が運ぶ恵みと平和」20200211入稿時原稿
映画『アフガニスタン 用水路が運ぶ恵みと平和』

アフガニスタン 用水路が運ぶ恵みと平和 【上映会情報】

「自主制作映画見本市#2」20200113オモテ
自主制作・上映映画見本市#3

自主制作・上映映画見本市#3   と き:2020年1月13日

第54回「主戦場」20191128制作オモテ
映画「主戦場」

映画『主戦場』 【上映情報】 第54回 憲法を考え

「靖国・地霊・天皇」上映とお話の会-2オモテ
「遠近を抱えてPART2」「靖国・地霊・天皇」上映会

「遠近を抱えてPART2」「靖国・地霊・天皇」上映会   【上映情

→もっと見る

PAGE TOP ↑