*

20代から30代の若者は69.7%が集団的自衛権の行使容認に反対

公開日: : お知らせ, ごまめのはぎしり

「20代から30代の若者は69.7%が集団的自衛権の行使容認に反対」(世論調査)から

140819東京新聞投書
19日朝の東京新聞にそう書いてある投書があって、その世論調査を見過ごしていたので調べたら共同通信の世論調査でした。

http://www.tokyo-np.co.jp/article/politics/news/CK2014080402000133.html

集団的自衛権行使容認への賛否2
私自身も、「若い世代は私たちよりも戦争について教えられていない」「戦争に悲惨なイメージを持っていないのではないか」「戦争を当事者意識で考えていないのではないか」と思っていたのですが、世代の意識で言えば、若者たちは自分たちの問題としてとらえ始めており、むしろリタイア気分で、もう自分たちが戦争に行くわけでもないし、とさぼっているのは私たちの世代なんですね。

【徴兵制?】

一面、「徴兵制」という言葉がささやかれ始めたことも、若い人たちに自分たちのことという意識を引き起こしているのかもしれません。

私たちの多くは「まさかそこまでは」と思っていると思うのですが、「まさか、まさか」があっという間に通ってしまうのが、戦前の「戦争への道」であり、今の安倍政権の動きなのですから。秘密保護法だって解釈改憲だってあの内容を見ていたら「まさか、まさか」でした。自民党憲法改正草案だって「まさか」になってしまいますよね。
(安倍さんが「けしてない」「ありえない」「絶対にない」ということは今までのところ絶対に信じられない)

【戦争を考える映画の会】

このところ「憲法を考える映画の会」の取り上げようとしている映画とその後の話し合いは、少し憲法そのものから離れて戦争の問題に走っているようです。
❶沖縄の基地の問題、イラク、パレスチナなど今、進行中の世界の戦争の中で憲法の問題を考える
❷戦争できる国に戻そうとするために安倍政権が変えようとしている憲法の問題(とくにそれを許してしまいそうな私たちの内なるファシズム)
❸兵士として人間性を無くす訓練を受け、人を殺し傷ついて元に戻れない若者たち、人権をことごとく奪う戦争や軍隊というものから憲法を考えるに大きく分けられそうです。

憲法から「戦争」を考え、さらに人間の内面深く入っていく映画が多くなっています。

【人間と人権をこわす軍隊】

でも、それは日本の今の問題だけでなく、世界の問題であり、世界の若者や子どもの未来の問題でもあると言うことに気がつきます。

日本国憲法が放棄した戦争、それによって「国家の名において一人の人間の殺していないし殺されていない」という事実、この憲法の試みとこころざしたものを、いま戦争に苦しむ若者と子どもたちと未来に積極的に役立てていくことはできないかと今更ながらに思うようになっています。

そしてそれがまた、集団的自衛権の問題を自分たちの問題と意識し始めた若者たちが、自分たちの未来を考えていくのに役立つような映画の会にして行きたいと思います。

ad

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

関連記事

約束・名張毒ぶどう酒事件 死刑囚の生涯

【更新】映画『約束 名張毒ぶどう酒事件 死刑囚の生涯』

作品紹介に、映画『約束 名張毒ぶどう酒事件 死刑囚の生涯』の案内を追加更新しました。 死刑

記事を読む

ひろしま石内都・遺されたものたち

【更新】『ひろしま 石内都・遺されたものたち』を作品紹介に加えました。

『ひろしま 石内都・遺されたものたち』を作品紹介に加えました。 またヒロシマ・ナガサキの季

記事を読む

東京新聞こちら特捜部

各新聞「集団的自衛権」社説見出しの比較

各新聞「集団的自衛権」社説見出しの比較 東京新聞記事7月8日「こちら特捜部」では地元紙の「集団的自

記事を読む

辺野古2014年8月

第3回「憲法を考えるちいさな映画の会(試写会)」のおしらせ

第3回「憲法を考えるちいさな映画の会(試写会)」のおしらせ 日時:10月04日(土)13時半〜16

記事を読む

ANPOジャケット表

【更新】映画『ANPO』作品紹介にアップしました。

【更新】映画『ANPO』作品紹介にアップしました。 映画『ANPO』あの熱かった時代の「抵抗」

記事を読む

no image

「憲法を考える映画の会」のご案内

映画の上映と話し合いの会「憲法を考える映画の会」の最新情報をお伝えします。 これから予定されている

記事を読む

裁判所前の男

映画「裁判所前の男」

映画『裁判所前の男』 監督:松原明 2015年/日本/65分ドキュメンタリー 制作・配給:ビ

記事を読む

ありふれたファシズムP.3

第14回憲法を考える映画の会のご報告

おかげさまで「第14回憲法を考える映画の会」にはいつもよりたくさんの方に来ていただくことができました

記事を読む

標的の村in キタナラ

【報告】上映会「『標的の村』in キタナラ」に行ってきました!

【報告】上映会「『標的の村』in キタナラ」に行ってきました! 「憲法を考える映画の会」の準備会メ

記事を読む

アムネスティ・フィルム・フェスティバル表

アムネスティ・フィルム・フェスティバル2015

アムネスティ・フィルム・フェスティバルのご案内 政府を批判するだけで投獄される、 紛争下で人びと

記事を読む

ad

ad


憲法を考える映画のリスト2019年版
「憲法を考える映画の会」および「憲法映画祭2020」の中止・延期のお知らせ

「憲法を考える映画の会」および「憲法映画祭2020」の中止・延期のお知

第55回「アフガニスタン 用水路が運ぶ恵みと平和」20200211入稿時原稿
映画『アフガニスタン 用水路が運ぶ恵みと平和』

アフガニスタン 用水路が運ぶ恵みと平和 【上映会情報】

「自主制作映画見本市#2」20200113オモテ
自主制作・上映映画見本市#3

自主制作・上映映画見本市#3   と き:2020年1月13日

第54回「主戦場」20191128制作オモテ
映画「主戦場」

映画『主戦場』 【上映情報】 第54回 憲法を考え

「靖国・地霊・天皇」上映とお話の会-2オモテ
「遠近を抱えてPART2」「靖国・地霊・天皇」上映会

「遠近を抱えてPART2」「靖国・地霊・天皇」上映会   【上映情

→もっと見る

PAGE TOP ↑