*

軍隊のこと、軍人のこと、兵隊のこと、兵士のことをもっと考えたい。

公開日: : ごまめのはぎしり

軍隊のこと、軍人のこと、兵隊のこと、兵士のこともっと考えたい。

昨日の「第2回憲法を考えるちいさな映画の会」で強く印象に残った場面の続き、きょうは『沈黙を破る』からです。

この映画は、2004年のガザ侵攻をパレスチナから捉えたと同時に、占領地に送られたイスラエルの元兵士たちが自らの加害行為を告白する内容が中心になっています。
占領地で絶対的な権力を手にし、次第に人間性や道徳心を失い、“怪物”となって行く若者たち。

こんなくだりがあります。

vlcsnap-2014-08-18-22h58m22s195
2004年10月 ガザ地区のラファ市で13歳の
少女が登校中に射殺された。
倒れた少女に対し ある将校が至近距離から
十数発の銃弾を浴びせた。
軍隊では「標的」の息の根を止めることを
「死の確認」と呼ぶ。しかしイスラエル当局は
この件を例外的な事件だと発表した。

vlcsnap-2014-08-18-22h59m20s254
Q「これはほんとうに例外的な事件だと思いますか」

ユダ・シャウール(元軍曹)「“死の確認”は軍での基礎訓練の初日から教え込まれる基本的な命令なのです。
問題は軍では占領地での行動と戦争時の行動を区別しないことです。
戦場での行動訓練を受けた私たちが戦争状態ではない占領地に投入された。

vlcsnap-2014-08-18-22h55m11s74
だから少女の“死の確認”が実行された。私も同じことをやったでしょう。
そういう指令なんです、そう訓練されるんです。
誰かが標的とされたら、それに向かって発砲する。さらに近づき 相手が完全に死んだことを確認する。
それが戦闘兵士の基本的な本能です。」

元兵士の母親の話「でも息子は実際に手を血で汚して生きてきました。その事実に 息子はこれから何年もきちんと向かい合わなければならない。簡単なことではない、でもあなた方の息子も同じです。
自分の息子を“殺人者”と呼ぶことは私にとってもつらいことです。

vlcsnap-2014-08-18-22h58m01s229
でも本人はもっとつらいはずです。殺した少女の夢にうなされるのだから」

私たちはこれまでも『9条を抱きしめて』や『アメリカばんざい』『アルマジロ』などの映画で、普通の人間が戦争によって人間でなくなって行くことを見てきました。
『沈黙を破る』のDVDジャケットでも「考えるのをやめたとき僕は怪物になった」というフレーズがキャッチになっています。

戦争がどうやって起きるのか、戦争をしないためにはどうしたら良いかを考えるとともに、もっともっとこのように人間を変えてしまう軍隊って何だ、兵隊って何だを考えたいと思いました。
そう考えてきて添付の東京新聞8月14日の本音のコラム「組織としての日本軍」。

組織としての日本軍
国民的基盤の欠如と組織病理、旧日本軍の教訓は自衛隊に生かされきれてないようです。すぐ日本軍体質に戻りそうな恐れもあります。
おそらく多くの日本の旧兵士も「手を血で汚して生きてきた」ことに苦しんで生きたのだと思います。
その若者たちはいま85歳を越え、その苦しみを知らない若者たちが新たに海外に差し向けられようとしています。(すでにイラクはじめ各地に向かわされ、心的外傷にで苦しみ、自殺している若者が多数いるというのに、というべきか)

ad

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

関連記事

標的の村in キタナラ

【報告】上映会「『標的の村』in キタナラ」に行ってきました!

【報告】上映会「『標的の村』in キタナラ」に行ってきました! 「憲法を考える映画の会」の準備会メ

記事を読む

no image

20代から30代の若者は69.7%が集団的自衛権の行使容認に反対

「20代から30代の若者は69.7%が集団的自衛権の行使容認に反対」(世論調査)から 19日朝

記事を読む

617日比谷集会1

【報告】「『閣議決定』で戦争する国にするな!6.17大集会」

【報告】「『閣議決定』で戦争する国にするな!6.17大集会」に行ってきました。 6月6日のFace

記事を読む

7月11日北海道新聞

北海道新聞「映画で憲法考えよう」紹介

北海道新聞「映画で憲法考えよう」紹介 7月11日の北海道新聞の「『不戦』どこへ」という記事の一

記事を読む

東京新聞「平和ブランドに傷」

「平和ブランド」に傷

「平和ブランド」に傷 8月12日東京新聞記事(こちら特報部) 69年前の8月、日本人の多くが心から

記事を読む

ありふれたファシズムP.3

第14回憲法を考える映画の会のご報告

おかげさまで「第14回憲法を考える映画の会」にはいつもよりたくさんの方に来ていただくことができました

記事を読む

本会のコラム7月2日山口二郎

泣く子はきちんと叱り、地頭の横暴は許さないようにしましょう!

泣く子はきちんと叱り、地頭の横暴は許さないようにしましょう! 東京新聞の「本音のコラム」は7人の書

記事を読む

米倉斉加年

米倉斉加年「戦争とは人が人を殺したり殺されたりすること。平和とは、人が生きられるということ」

米倉斉加年「戦争とは人が人を殺したり殺されたりすること。 平和とは、人が生きられるということ」 転

記事を読む

640px-Gojira_1954_Japanese_poster

『GODZILLA』

映画『GODZILLA』を見に行ってきました。 おすすめの関連図書でご紹介した『映画で憲法を学ぶ』

記事を読む

140610九条の会写真1

【報告】「九条の会発足10周年講演会『集団的自衛権と憲法9条』に行って話を聞いてきました。その1

【報告】「九条の会発足10周年講演会『集団的自衛権と憲法9条』に行って聞いてきました。その1 ◎2

記事を読む

ad

ad


第49回「天から落ちてきた男」190302入稿用
映画「天から落ちてきた男」

映画「天から落ちてきた男」 【上映情報】 第49回憲法を考える

わたしの描きたいこと
映画「わたしの描きたいこと─絵本作家クォン・ユンドクと『花ばぁば』の物語」

映画「わたしの描きたいこと─絵本作家クォン・ユンドクと『花ばぁば』の物

1201市民メディアチラシ181128修正
「われわれに今、表現の自由はあるか?」映画と講演の市民集会

「われわれに今、表現の自由はあるか?」映画と講演の市民集会 〜地域・

20181118国際勇気映画祭2018
国際有機農業映画祭2018

国際有機農業映画祭2018 と き:2018年11月18日(

第46回「OKINAWA1965」20181010一部修正2
映画『OKINAWA 1965』

映画『OKINAWA 1965』   【上映

→もっと見る

PAGE TOP ↑