*

映画『首相官邸の前で』

公開日: : お知らせ, 作品紹介

映画『首相官邸の前で』

首相官邸の前で

【映画の解説(チラシ・ホームページより転載)】

2012年夏、東京。約20万の人びとが、首相官邸前を埋めた。NYの「ウォール街占拠」の翌年、香港の「雨傘革命」の2年前のことだった。

しかしこの運動は、その全貌が報道されることも、世界に知られることもなかった。

人びとが集まったのは、福島第一原発事故後の、原発政策に抗議するためだった。事故前はまったく別々の立場にいた8人が、危機と変転を経て、やがて首相官邸前という一つの場につどう。彼らに唯一共通していた言葉は、「脱原発」と「民主主義の危機」だった――。

はたして、民主主義の再建は可能なのか。現代日本に実在した、希望の瞬間の歴史を記録。

【映画の感想】

「民主主義って何だ?」「これだ」安保法案をめぐって国会前に大勢の人が詰めかけましたが、その原点はここにあったのかと。

誰も代表になろうとしない、と言うところがおもしろい。自然発生的に「あ・うん」の呼吸でそれぞれがやること、役割分担が決まっていったのでしょうか?

いや、それぞれ思うところが一緒だったから、同じ気持ちで「何とかしなければ」と言う、やむにやまれぬ気持ちで集まってきた人たちだからそのように一緒に一斉に仕事をすることができたのでしょうし、人がどんどん増えていったのでしょう。それは秘密保護法反対のときも、安保法案のときも同じだったと思います。

いままで自分が街頭でマイクを持って話すなんて思ってもいなかった。そんなおばさんやお兄さんが「やむにやまれぬ気持ち」で一歩踏み出して、声を上げ話し始めたときにその人の中できっと何かが変わり、そして世の中が少しずつ変わったような気がしました。そんな瞬間を見ることが出来たように感じる映画です。

インターネット(YouTube)に在った動画でおもに編集された作品と聞きました。それらの動画に息づいている「発信したい」「知ってほしい」という強い意志が乗り移っているかのような作品でした。それは「報道機関から一切無視された」と言うことがバネになったのかもしれません。

この新しく生まれつつあるもの、民主主義をどのように根を拡げ根強いものにしていくか、考えたい作品です。

それにしても国会周辺を包んだ20万人のデモが大手の報道各社から一切報道されなかったのはなぜ?その反省というか検証さえも報道側からひとことも出てきていないのは、いったいこれらの各社にいる人たちは何を考えて仕事をしているのか、仕事をしていないのか,返事が欲しいものです。

 

【映画情報】

企画・製作・監督:小熊英二

撮影・編集:石崎俊一

出演:菅直人/亀屋幸子/ヤシンタ・ヒン/吉田理沙/服部至道/ミサオ・レッドウルフ/木下・茅/小田マサノリ

製作年:2015年

上映時間:109分

製作国:日本

公式ホームページ:http://www.uplink.co.jp/kanteimae/

予告編:https://www.youtube.com/watch?v=EFjsarBPAZ8&feature=youtu.be

 

【上映貸出情報】

いま上映中で配給も担当しているアップリンクでは、トークシェア(上映後の話し合い)付きという条件で通常より割安価格で上映用のDVDを貸し出して上映会を拡げようとするこころみをしています。おかげさまで私たちも2015年10月25日東京体育館第❹会議室で「第21回憲法を考える映画の会」として上映出来ることになりました。

監督の小熊さんもパンフレットのインタビューの中で「観た後、映画館で隣の人と話し合ってほしいですね。(中略)映画をきっかけにして、まったく知らない隣の席の人と、ふだんできない話をしてみるのも面白いでしょう」と話しています。

こうした映画を使った話し合いの機会を広げるこころみは、私たち「憲法を考える映画の会」がめざしてきたものでもあります。是非こうした民主主義の基本になる話し合う機会を、映画を利用して根付かして、拡げていきたいと思います。

アップリンク「自主上映の案内」http://www.uplink.co.jp/kanteimae/talkshare.php

ad

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

関連記事

憲法9条、未来をひらく1

『9条の会』パンフレットの中の「憲法9条、未来を開く」のご紹介

『9条の会』パンフレットの中の「憲法9条、未来を開く」のご紹介 集団的自衛権行使容認をめぐる閣

記事を読む

no_%e3%83%9b%e3%82%9a%e3%82%b9%e3%82%bf%e3%83%bc

映画『NO(ノー)』

映画『NO(ノー)』 監督:パブロ・ラライン チリ映画 2012年制作 118分

記事を読む

new20140619

【緊急】「9.19安倍政治と平和・原発・基地を考える緊急集会」のご案内

今朝の東京新聞の記事で「平和や原発考える集会」「明大、会場提供を拒否」「1週間前急きょ」と報道さ

記事を読む

camera

壊された5つのカメラ パレスチナ・ビリンの叫び

■息子の誕生で手にしたカメラがパレスチナの現実を鮮明に写し出す パレスチナの民衆抵抗運

記事を読む

栁沢さん講演3

報告 「栁沢協二さんの講演『迷走する集団的自衛権』」から

報告「9条フェスタ市民ネット学習会」で栁沢協二さんの講演『迷走する集団的自衛権』を聞きました。

記事を読む

国分寺9条の会1409-1

「私たちは国分寺まつりに出店を拒否されました」

「私たちは国分寺まつりに出店を拒否されました」 国分寺9条の会から会報が届きました。 8月3

記事を読む

アムネスティ・フィルム・フェスティバル表

アムネスティ・フィルム・フェスティバル2015

アムネスティ・フィルム・フェスティバルのご案内 政府を批判するだけで投獄される、 紛争下で人びと

記事を読む

野獣たちのバラードリーフレット

【更新】「ありふれたファシズム」の作品紹介・上映会案内

「ありふれたファシズム」の作品紹介 第14回憲法を考える映画の会に上映する「ありふれたファシズム─

記事を読む

ANPOジャケット表

ANPO あの熱かった時代の「抵抗」のアート

ANPO あの熱かった時代の「抵抗」のアート 六十年安保当時、熱かった日本をアーティスト

記事を読む

第32回「小林多喜二」20170209 オモテ

映画「小林 多喜二」

映画「小林 多喜二」 今井正監督 1974年制作 119分 多喜二プロダクション製作

記事を読む

ad

ad


第43回「500年─独裁者を裁くのは誰か?」「グラニート」20180509決定稿
映画『500年─権力者を裁くのは誰か?』

映画『500年─権力者を裁くのは誰か?』   「第43回憲法を

朝日新聞2018年5月1日
「憲法を考える映画の会」紹介記事(朝日新聞)

「憲法を考える映画の会」紹介記事(朝日新聞) と き:2018年

憲法を考える映画のリスト2018オモテ
「憲法を考える映画のリスト」2018年版

「憲法を考える映画のリスト」2018年版 「憲法を考える

第42回憲法映画祭2018(3月11日修正原稿)オモテ
憲法映画祭2018

憲法映画祭2018 2018年4月29日(日)30日(休) 国立オ

第41回「ザ・思いやりパート2」20180224
『ザ・思いやりパート2 希望と行動編』

『ザ・思いやりパート2 希望と行動編』   チラシpdf

→もっと見る

PAGE TOP ↑