*

5月24日(土)第12回「憲法を考える映画の会」のご案内

公開日: : 最終更新日:2014/05/20 上映会

10299948_515654708538400_7715905785558336864_n

第12回「憲法を考える映画の会」案内チラシが出来ました。

第12回憲法を考える映画の会
日時:5月24日(土)14:30〜16:30
会場:東京体育館第4会議室
プログラム:映画『死んどるヒマはない─益永スミコ86歳
参加費:一般800円 学生:500円

第12回目の憲法を考える映画の会は、このFacebookで4月14日にも東京新聞の記事でご紹介しました元気印の憲法おばあちゃん益永スミコさんを描 いた映画『死んどるヒマはない─益永スミコ86歳』を一緒に見て、今まさに危ないところに来ている憲法9条を変えないで持ち続けるために、積極的に世界の 平和のために役立てるために、どうしたら良いか、知恵を出し合いたいと思います。

映画の中にも登場するスミコさんの娘さん、益永洋子さんにきょうお電話してお話することができて、この案内チラシをお送りすることになりました。
スミコさんは療養中と言うことをお聞きしてたので、おそるおそるご様子を聞いたのですが、「ううん、とっても元気にしてますよ!」と明るい声で言われてほっとしました。

私がこの映画を見て、映画の会のプログラムにしたいと思ったのは、このスミコさんのように「戦争は二度としちゃいけない!」「子どもたちを戦争に絶対に行 かせてはいけない」と怒ったように言っていた大人がまわりにたくさんいた、ということを思い起こさせてくれたからです。

ふだんは大人しくて物静かだった母やまわりの大人たちが、何で戦争のこととなると、あんなに怒ったかのようにきつい言い方をしていたのか、映画を見ながらひとつひとつ思い出され、そこからいろいろなことを考え始めていました。

戦後の憲法を守る運動や反戦平和のための活動を、身をもって作ってきた、声を上げ続けてきた人たちいたからこそ日本国憲法は67年間、ほぼ二世代変えること無く続いて(課題はあるものの)日本の平和のために役立ってきました。
そうした憲法を役立ててきた人の経験と実績を知っていくことを通して、今のような日本国憲法にとって、日本国民にとって厳しい情況の中で、どのような運動や活動を作っていけるのかを考えたいと思います。
ぜひ、お誘い合わせの上、24日、いらっしゃって下さい。

ad

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

関連記事

10569068_10152171252706836_5619608196899509430_n

「パレスチナ・ガザのドキュメンタリー映画 8.8 緊急上映会のご案内

「パレスチナ・ガザのドキュメンタリー映画 8.8 緊急上映会 Here and Now 私たちにで

記事を読む

love

【上映会】「憲法を考える映画の会 ちいさな映画会」のおしらせ

「憲法を考える映画の会 ちいさな映画会」のおしらせ 日時:6月21日(土)14時〜16時半

記事を読む

中国インデペンデント映画祭p.1

中国インデペンデント映画祭

中国インデペンデント映画祭 と き:12月12日(土)〜27日(日) ところ:ポレポレ

記事を読む

戦場ぬ止み

戦場ぬ止み

戦場ぬ止み 監督:三上知恵 2015年 日本 129分  

記事を読む

ザ・思いやり

ザ・思いやり

ザ・思いやり 一人のアメリカ人が米軍への“オモイヤリヨサン”の疑問に挑む 監督:リラン・バクレー

記事を読む

51WVbeVXe0L._SL500_AA300_

陸軍

陸軍 木下恵介監督 1944年 87分 【上映の機会】 「戦争と原発と人権を考える

記事を読む

第38回「隠された爪痕」20170920

隠された爪跡 払い下げられた朝鮮人

第38回憲法を考える映画の会 と き:2017年10月14日(土)13:30~16:30 ところ

記事を読む

ファルージャチラシ表面

「ファルージャ」上映会(国分寺)のお知らせ

「ファルージャ」上映会(国分寺)のお知らせ   7月24日(木)7月25日(金)国

記事を読む

no_%e3%83%9b%e3%82%9a%e3%82%b9%e3%82%bf%e3%83%bc

映画『NO(ノー)』

映画『NO(ノー)』 監督:パブロ・ラライン チリ映画 2012年制作 118分

記事を読む

no image

「憲法を考える映画の会」のご案内

映画の上映と話し合いの会「憲法を考える映画の会」の最新情報をお伝えします。 これから予定されている

記事を読む

ad

ad


第42回憲法映画祭2018(3月11日修正原稿)オモテ
憲法映画祭2018

憲法映画祭2018 2018年4月29日(日)30日(休) 国立オ

第41回「ザ・思いやりパート2」20180224
『ザ・思いやりパート2 希望と行動編』

『ザ・思いやりパート2 希望と行動編』   チラシpdf

2018:2:7・毎日新聞夕刊
「映画で憲法を考える 歴史的事実、生き生きと」(2018/2/7・毎日新聞夕刊)

「映画で憲法を考える 歴史的事実、生き生きと」(2018/2/7・毎日

第40回「憲法を武器として」20180109
憲法を武器として 恵庭事件 知られざる50年目の真実

憲法を武器として 恵庭事件 知られざる50年目の真実 【上映

第38回「隠された爪痕」20170920
隠された爪跡 払い下げられた朝鮮人

第38回憲法を考える映画の会 と き:2017年10月14日(土)1

→もっと見る

PAGE TOP ↑