*

【報告】第2回憲法を考えるちいさな映画の会

公開日: : あとおいニュース, お知らせ, 上映会

【報告】第2回憲法を考えるちいさな映画の会

本日(8月17日)予定通りきっかり15時〜19時半まで「第2回憲法を考えるちいさな映画の会」を催すことができました。試写会と言うことで控えめに案内をしていたのですが、予想していたよりたくさんの方に来ていただき、長時間、映画を一緒に見ることにお付き合いいただきました。

『ぼくたちは見た』(86分)『速報 辺野古のたたかい 2014年7月』(26分)『沈黙を破る』(130分)の三本の作品です。どれも「映画の会」のプログラム候補にしたいと思うくらいいろいろ考えさせてくれる映画でした。

それぞれの映画を見ていろいろなことをかんがえたのですが、とくに強く観じて、そこから考えたことひとつ紹介させてください。

(印象に残ったエピソード)

パレスチナで残虐に家族を殺されたこどもたちを、その心の傷を少しでも癒やそうとポーランドに招いたというエピソードがあります。

そのときのテロップと静止画を拾いました。

心のケアの必要な子どもたちがポーランドに招かれた
心のケアの必要な子どもたちがポーランドに招かれた

モナもその一人だった

モナもその一人だった

ポーランドではちょっと幸せだった
「ポーランドではちょっと幸せだった

とてもきれいでパラダイスみたいだったわ

 

とてもきれいでパラダイスみたいだったわ

戦争もないし戦車もイスラエル兵もいないのよ

戦争もないし戦車もイスラエル兵もいないのよ

飛行機は旅客機だけだし

飛行機は旅客機だけだし

木がたくさんあって花や緑にあふれてるの
木がたくさんあって花や緑にあふれてるの

ガザではイスラエル軍に奪われて何もないわ

ガザではイスラエル軍に奪われて何もないわ」

この一連の話を見ていてつい涙ぐんでいました。ポーランドってえらいなあ、とまず思いました。NGOの活動なのか、国家の取り組みなのか、あるいはアウシュビッツがあったという関係なのかわかりませんが、子どもたちの傷ついた心を何とかしたいとすぐ実現できるところが。

私ももしできることなら何とかしてあげたいと思いました。

私が知らないでいただけで日本でもそうした活動があるのかもしれません。(おそらく今回サンプルDVDを借りにいった「パレスチナ子どものキャンペーン」はそのような団体なのでしょうか。http://gooddo.jp/gd/group/pcc/

パレスチナ子どものキャンペーンチラシ裏面

(そこからさらに考えたこと)

でも日本国憲法をもっているわたしたちの国こそ、世界の各地で繰り広げられている戦争に対して、その紛争や戦争を直接止めさせることはできなくとも、こうした戦争によって痛めつけられている人たちに何とかしてあげられることができる国なのではなかったのではないかと思ったのです。

日本国憲法の平和主義はパレスチナ戦争の解決にどのように行かすことができるのか、については一昨夜、FacebookでR.M.さんと話したのですが、まさに世界中の戦争で苦しんでいる人や子どもたちのためになることを進めながら、戦争をやっている当事者に、日本国憲法をたたかう道具として「ツマラナイカラヤメロトイヒ」ことができるのでは無いかと思ったのです。

そんな、世界の平和のために役立つはずの宝とも言える日本国憲法を活用もせず、むざむざ役に立たないものにして「普通の国、戦争できる国、戦争で儲けたい国」にしようとしているのが、わたしたちの国の首相であり、多くの政治家なのです。

どうしましょう?

*******************************************

きょうの映画はいろいろ考えさせられることがほかにもたくさんあったので、近々大きな映画の会の方でもちゃんとプログラムを組んでやろうと言うことになりました。

そのときは是非いらっしゃってください。

ad

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

関連記事

野獣たちのバラードリーフレット

【更新】「ありふれたファシズム」の作品紹介・上映会案内

「ありふれたファシズム」の作品紹介 第14回憲法を考える映画の会に上映する「ありふれたファシズム─

記事を読む

eigakan

あとおいニュースについて

映画のあとの話し合いでどんな話があったか、次の回ではどのような話し合いを予定しているかを伝えるニ

記事を読む

ファルージャチラシ表面

「ファルージャ」上映会(国分寺)のお知らせ

「ファルージャ」上映会(国分寺)のお知らせ   7月24日(木)7月25日(金)国

記事を読む

イベント「新たな対抗運動の可能性—台湾・ひまわり革命」表 のコピー

イベント「新たな対抗運動の可能性—台湾・ひまわり革命」参加者募集

イベント「新たな対抗運動の可能性—台湾・ひまわり革命」参加者募集   日時:2014年9月2

記事を読む

スクリーンショット(2014-05-18 22.32.26)

あとおいニュース第5号

あとおいニュース第5号です。 以下からダウンロードしてください(PDF)。 あとおいニュ

記事を読む

第33回「武器なき斗い」20170225

武器なき斗い

武器なき斗い 『武器なき斗い』(140分)監督:山本薩夫 上映会案内チラシはこちらか

記事を読む

十代の君たちへ

書籍『十代の君たちへ─ぜひ読んでほしい憲法の本 日野原重明著』のご案内

書籍の紹介になりますが、いま、日本国憲法を知り考えたいと思っている人たちにそして、日本国憲法につ

記事を読む

辺野古・高江沖縄記録映画

「辺野古・高江沖縄記録映画」製作応援

「辺野古・高江沖縄記録映画」製作応援のお願い 『標的の村』の監督の制作中作品です。 辺野古が

記事を読む

41NVMK63SXL-1

【更新】映画『白バラの祈り』をアップしました。

白バラの祈り 白バラの祈り ヒトラー独裁政権末期、人々に“自由“を呼びかけた“白バラ

記事を読む

「どの子どもにも平和な未来を」リーフレット表紙

リーフレット「どの子どもにも平和な未来を」

集団的自衛権に反対するリーフレット 「どの子どもにも平和な未来を─集団的自衛権 子どもをもつ母とし

記事を読む

ad

ad


第44回「在日」20180726入稿時-2
映画『在日』

映画『在日』歴史編・人物編 【上映案内】 第44回憲法

第43回「500年─独裁者を裁くのは誰か?」「グラニート」20180509決定稿
映画『500年─権力者を裁くのは誰か?』

映画『500年─権力者を裁くのは誰か?』   「第43回憲法を

朝日新聞2018年5月1日
「憲法を考える映画の会」紹介記事(朝日新聞)

「憲法を考える映画の会」紹介記事(朝日新聞) と き:2018年

憲法を考える映画のリスト2018オモテ
「憲法を考える映画のリスト」2018年版

「憲法を考える映画のリスト」2018年版 「憲法を考える

第42回憲法映画祭2018(3月11日修正原稿)オモテ
憲法映画祭2018

憲法映画祭2018 2018年4月29日(日)30日(休) 国立オ

→もっと見る

PAGE TOP ↑