*

自主制作・上映映画見本市#8

公開日: : イベント, 上映会, 人権を守る憲法

自主制作・上映映画見本市#8

「自主制作映画見本市8」20220313オモテ 「自主制作映画見本市8」20220313ウラ

自主制作映画見本市 # 
日時:
2022313 () 10〜19
会場:文京区民センター
3A会議室(地下鉄春日駅・後楽園駅)
参加費 1日券・1回券共通1000円

プログラム

1000100
傍観者あるいは偶然のテロリスト
2020
作品118分/監督・脚本:後藤和夫 配給:シネマハウス大塚 03−5972−4130
パレスチナ
を舞台に偶然にもテロリストになってしまった男の物語を構想した後藤和夫。
彼は、その
シナリオのリアリティを検証するため、かつて取材したパレスチナを再訪する
映画
は、20年前に後藤が駆け回った紛争地帯の生々しい記憶と、現在のパレスチナ各地を歩く後藤の姿が交錯し、
世界の紛争の根源地といわれるパレスチナの現状を通して、世界は傍観者のままでいいのかを問いかけていく。

傍観者フライヤー1_fix 戦車と少年宣⑦

13001430
海辺の彼女たち
2020
作品88分/監督:藤元明緒 配給:E.x.N https://fujimotofilms.com/jisyujyouei
技能実習生として日本へやってきたものの、不当な扱いを受けた職場を逃げ出した
3人のベトナム人女性たち。
違法な存在となった彼女たちはブローカーを頼りに新たな職を求め、雪の降る北の港町にたどり着くが
……
藤元監督がインターネットを通じて知り合った外国人技能実習生の女性が、過酷な労働の日々の末に行方知れず
になったことから、
彼女と同様の境遇にある女性たちを取材し、オリジナルの脚本を書き上げた。

海辺の彼女たち 海辺の彼女たち

15001525
ウィシマ・サンダマリ 入管の闇に消えたスリランカ女性
2021
年作品25分/制作・企画・撮影・編集:山村淳平
2021
3月、名古屋入管の収容所でスリランカ女性のウィシュマさんが亡くなった。
彼女は、収容所でどのような扱いがなされていたのか。なぜ死に至ったのか。
元収容者と面会支援者のかたりによって,それをさぐってゆく。
犠牲者はウィシュマさんだけではない。死亡事件後も名古屋入管では、
暴力的な対応、患者の放置、家族を引き裂く強制送還が、いまも続けられている。
本作は、外国人収容所の実態を描いた記録である。

ウィシュマ・サンダマリ ウィシュマ

16001645
オキュパイ・シャンティ インドカレー店物語
2016
作品43/監督松原明 配給:ビデオプレス 03-3530-8588
「解雇・お店閉鎖が通告されています。賃金が
2年払われていません。助けてください
20166月、この一枚の 張り紙からシャンティのた たかいは始まった。
インド・バングラデシュの人たちは「労働組合」を結成し、未払い賃金の支払いと雇用確保を求めて立ち上がった。
マスコミ報道で有名
になった「インドカレー店」解雇事件。
はたして、彼らはその後
どうなったのか。密着取材した迫真のドキュメンタリー。

オキュパイシャンティ オキュパイシャンティ

17001830
メトロレディーブルース 東京メトロ「非正規」物語劇場版
2021
作品83分/監督:松原明・佐々木有美 配給:ビデオプレス 03-3530-8588
東京メトロ売店には正社員と非正規の契約社員が一緒に働いている。
仕事はまったく同じ
、非正規の賃金は正社員の約半分だ。何年勤めても退職金はゼロ1年契約更新で雇い止めの不安もあった。
そんな中ユニオンをつくって立ち上がったシニアの女性売店員
たち。
みんな
10年以上のベテランだ
映画
は、初めてのストライキから、会社との交渉、そして裁判提訴とつづく「メトロレディーたち」の5年のたたかいをドキュメント。

メトロレディーブルース メトロレディブルース メトロ記事2

 

 

 

ad

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

関連記事

裁判所前の男

映画「裁判所前の男」

映画『裁判所前の男』 監督:松原明 2015年/日本/65分ドキュメンタリー 制作・配給:ビ

記事を読む

ぶっとばせ弾圧7.12新宿デモ

「ぶっとばせ弾圧!」7.12新宿デモ」のご案内

「ぶっとばせ弾圧!」7.12新宿デモ」のご案内 反原発運動・秘密法反対運動への不当逮捕や、警察の職

記事を読む

7月11日北海道新聞

北海道新聞「映画で憲法考えよう」紹介

北海道新聞「映画で憲法考えよう」紹介 7月11日の北海道新聞の「『不戦』どこへ」という記事の一

記事を読む

第58回「言わねばならないこと」「ショック・ドクトリン」2021・3・27 (延期決定用)

第58回憲法を考える映画の会

第58回憲法を考える映画の会 TVドキュメンタリー番組『言わねばならないこと─防空演習を「嗤った」

記事を読む

第57回「地の塩」「人らしく生きよう」20201103・23(10月10日入稿時オモテ)

第57回憲法を考える映画の会『地の塩』

第57回憲法を考える映画の会『地の塩』 【上映会案内】 と き:2020年11月3日(火・休

記事を読む

第66回「教育と愛国」 (2022年10月23日)入稿時オモテ

第66回憲法を考える映画の会『教育と愛国』上映会

第66回憲法を考える映画の会『教育と愛国』上映会 第66回 憲法を考え

記事を読む

集団的自衛権に反対する小平デモ

「集団的自衛権に反対する緊急行動デモ in こだいら」のご案内

「集団的自衛権に反対する緊急行動デモ in こだいら」のご案内 10:30 一橋学園北口公園 集合

記事を読む

ひまわり

ひまわり ~沖縄は忘れないあの日の空を~

映画「 ひまわり ~沖縄は忘れないあの日の空を~ 」 ■あの悲惨な沖縄戦から生き延びた沖縄

記事を読む

第61回「荒野に希望の灯をともす」20210702(表面)

第61回憲法を考える映画の会『荒野に希望の灯をともす〜医師・中村哲 現地活動35年の軌跡〜』〈中村哲さんと日本国憲法を考える〉

第61回憲法を考える映画の会 『荒野に希望の灯をともす〜医師・中村哲 現地活動35年の軌跡〜』

記事を読む

第70回「石垣島ドキュメント」「沖縄再び戦場へ」 (2023年7月16日)2オモテ

第70回憲法を考える映画の会『ドキュメント石垣島 2023年3月陸自ミサイル基地開設の瞬間』『『沖縄、再び戦場〔いくさば〕へ』(仮)スピンオフ作品上映』

第70回憲法を考える映画の会 『ドキュメント石垣島 2023年3月陸自ミサイル基地開設の瞬間』

記事を読む

ad

ad


第76回「アトミック・カフェ」20240629案内チラシ(20240607)テスト版表
第76回憲法を考える映画の会『アトミック・カフェ』

第76回憲法を考える映画の会『アトミック・カフェ』 第76回

第8回むのたけじ反戦塾案内チラシ2024年6月15日版オモテ
第8回 むのたけじ反戦塾(2024年6月15日)

第8回 むのたけじ反戦塾 日時:2024年6月15日(土)13:30

第75回憲法映画祭2024(2024・4・29)入稿版オモテ
憲法映画祭2024

憲法映画祭2024 「憲法映画祭2024」(第75回憲法を考

第7回むのたけじ反戦塾案内チラシ2024年3月20日版
第7回むのたけじ反戦塾

第7回むのたけじ反戦塾 第7回むのたけじ反戦塾 日

第74回「サイレントフォールアウト」20240203案内チラシ2
第74回憲法を考える映画の会『サイレント・フォールアウト 乳歯が語る大陸汚染』

第74回憲法を考える映画の会『サイレント・フォールアウト 乳歯が語る大

→もっと見る

PAGE TOP ↑