*

魔法の9

公開日: : 最終更新日:2014/12/23 お知らせ, 作品紹介

映画『魔法の9』

魔法の9チラシ表 魔法の9チラシ裏

映画『魔法の9』予告編  https://www.youtube.com/watch?v=XqsbAHWz5Sk

■2014年/日本/112分/DVD/ドキュメンタリー

■監督・撮影・編集・ナレーション:前田真吹

■制作協力:映画「魔法の9」製作サポーターのみなさま

■取材協力:NPO太平洋戦史館

■資料提供:高松市/清田学

■http://movie-mahouno9.blogspot.jp/p/introduction.html

 

MAGICAL NINE いのちを巡る旅。 

約60万人の兵隊の遺骸が、
国外に今も放置され続ける国・日本◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆ ◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
~戦争の被害を受けるのは、多くが一般市民~
事の始まりは、たまたまアフガニスタンに行った事だった。
時は2003年。

あの9.11アメリカ同時多発テロ事件の報復爆撃が行われて、約1年半が経過していた。

そこで目にしたのは、廃墟の群れと朽ちた戦車。そして避難民テントに暮らす、家のない子ども達。
過酷な現状を真摯に生きる市民たちを知り、衝撃を受ける。
「罪のない子供や、市民たちの命を翻弄する戦争の不条理。」カメラはそこから、目を離さない。映画は、主に4つのパートで構成される。

Ⅰ.アフガニスタン~AFGHANISTAN~

濁った水を回し飲みしている子どもたちを目撃し、井戸掘り支援に関わろうとする私。次第に治安は悪化し、アフガニスタンは戦争の泥沼に陥る。
渡航を断念せざるを得なくなった私は、日本で高松空襲の体験者と出会う。

Ⅱ.空襲

第二次世界大戦中の1945年7月4日。香川県高松市はアメリカ軍による空からの攻撃を受け、1,359名が命を落としたといわれる。家を焼かれ大火事の中を逃げ惑った生存者は、数十年来、無償で語り継ぎを続けてきた。アフガニスタンの子どもたちと同じ体験をした人達が、自分の国の足元に沢山いた事実に、改めて気づかされた私は、日本の戦争体験者を訪ねる旅に出る。

Ⅲ. 放置され続ける、日本兵の遺骸。

~西部ニューギニアへ。~
第二次世界大戦の日本兵の海外戦没者数は、厚生労働省の発表で約240万人。
戦後約70年経った現在も、約120万人もの遺骨が未だ行方不明とされる。
海外で多くの日本兵の遺骸が、野ざらしになっていると聞いた私は、ご遺族たちとかつての戦場に向かう。

私達を出迎えたのは、戦後約70年を経て尚、未だに生々しく見捨てられた、戦場の跡だった。

Ⅳ.生存者は語る

かつてのニューギニア戦の生存者・飯田進氏は、高齢となった現在、入退院を繰り返しながら、著書や講演を通して、戦場体験を語り続けている。そこから、ニューギニア戦の驚くべき実態が浮かび上がる。
私たちは、過去の史実から、戦争から、何を学ぶべきなのか?

かつての命たちが、あなたに語りかける。
今あなたは、どんな「未来」を選択しますか?

魔法の9新聞記事 魔法の9上映案内

 

 

 

 

 

MAGICAL NINE いのちを巡る旅。        

             約60万人の兵隊の遺骸が、
       国外に今も放置され続ける国・日本。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆ ◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
 ~戦争の被害を受けるのは、多くが一般市民~
 事の始まりは、たまたまアフ
ガニスタンに行った事だった。
時は2003年。

あの9.11アメリカ同時多発テロ事件の報復爆撃が行われて、約1年半が経過していた。そこで目にしたのは、廃墟の群れと朽ちた戦車。そして避難民テントに暮らす、家のない子ども達。  

  ただの平凡な、戦争を知らない世代の1人だった「私」過酷な現状を真摯に生きる市民たちを知り、衝撃を受ける。

 「罪のない子供や、市民たちの命を翻弄する戦争の不条理。」カメラはそこから、目を離さない。映画は、主に4つのパートで構成される。

 

Ⅰ.アフガニスタン~AFGHANISTAN~

 

 濁った水を回し飲みしている 

子どもたちを目撃し、井戸掘
支援に関わろうとする私。
第に治安は悪化し、アフガ
スタンは戦争の泥沼に陥る。
航を断念せざるを得なくな
った私は、日本で高松空襲の
体験者と出会う。

©清田学

Ⅱ.空襲

 第二次世界大戦中の1945年
7月4日。香川県高松市はアメリカ軍による空からの攻撃を受け、1,359名が命を落としたといわれる。家を焼かれ大火事の中を逃げ惑った生存者は、数十年来、無償で語り継ぎを続けてきた。アフガニスタンの子どもたちと同じ体験をした人達が、自分の国の足元に沢山いた事実に、改めて気づかされた私は、日本の戦争体験者を訪ねる旅に出る。
提供:高松市
 

Ⅲ. 放置され続ける、日本兵の遺骸。
          ~西部ニューギニアへ。~

 第二次世界大戦の日本兵の海外戦没者数は、厚生労働省の発表で約2
40万人。戦後約70年経った現在も、約120万人もの遺骨が未だ行方不
明とされる。海外で多くの日本兵の遺骸が、野ざらしになっていると聞いた
私は、ご遺族たちとかつての戦場に向かう。
 私達を出迎えたのは、戦後約70年を経て尚、未だに生々しく見捨てられた、戦場の跡だった。

 

Ⅳ.生存者は語る
 かつてのニューギニア戦の生存者・飯田進氏は、高齢となった現在、入退院を繰り返しながら、著書や講演を通して、戦場体験を語り続けている。そこから、ニューギニア戦の驚くべき実態が浮かび上がる。
 私たちは、過去の史実から、戦争から、何を学ぶべきなのか?

    かつての命たちが、あなたに語りかける。
  今あなたは、どんな「未来」を選択しますか?

ad

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

関連記事

ファルージャチラシ表面

「ファルージャ」上映会(国分寺)のお知らせ

「ファルージャ」上映会(国分寺)のお知らせ   7月24日(木)7月25日(金)国

記事を読む

辺野古・高江沖縄記録映画

「辺野古・高江沖縄記録映画」製作応援

「辺野古・高江沖縄記録映画」製作応援のお願い 『標的の村』の監督の制作中作品です。 辺野古が

記事を読む

メイシネマ祭2015

「メイシネマ祭 2015」のご案内

「メイシネマ祭 2015」のご案内 おかげさまでメイシネマ上映会25周年お越しをお待ちしています

記事を読む

51WVbeVXe0L._SL500_AA300_

陸軍

陸軍 木下恵介監督 1944年 87分 【上映の機会】 「戦争と原発と人権を考える

記事を読む

アメリカばんざい

アメリカばんざい Crazy as usual

アメリカばんざい Crazy as usual 格差社会の底辺から、戦場へと押し出されてゆくアメリ

記事を読む

野獣たちのバラードリーフレット

【更新】「ありふれたファシズム」の作品紹介・上映会案内

「ありふれたファシズム」の作品紹介 第14回憲法を考える映画の会に上映する「ありふれたファシズム─

記事を読む

%e3%82%8f%e3%81%9f%e3%81%97%e3%81%ae%e8%87%aa%e7%94%b1%e3%81%ab%e3%81%a4%e3%81%84%e3%81%a6

映画『わたしの自由について SEALDs2015』

映画『わたしの自由について SEALDs2015』 2016制作 / 日本映画 /西原孝至監督作品

記事を読む

煙突屋ペロー

煙突屋ペロー

『煙突屋ペロー』のご紹介 貴重な戦前アニメーション

記事を読む

top_all

集会・デモのご案内

7月から8月にかけての集会・デモのご案内 7月25日(金) 「パレスチナ占領を終わらせよう!安倍

記事を読む

annai

戦争案内

明治以来日本が起こした戦争は、いったい誰がなぜ始めたのだろうか?アジア各国への長年の 取材と

記事を読む

ad

ad


第41回「ザ・思いやりパート2」20180224
『ザ・思いやりパート2 希望と行動編』

『ザ・思いやりパート2 希望と行動編』   チラシpdf

2018:2:7・毎日新聞夕刊
「映画で憲法を考える 歴史的事実、生き生きと」(2018/2/7・毎日新聞夕刊)

「映画で憲法を考える 歴史的事実、生き生きと」(2018/2/7・毎日

第40回「憲法を武器として」20180109
憲法を武器として 恵庭事件 知られざる50年目の真実

憲法を武器として 恵庭事件 知られざる50年目の真実 【上映

第38回「隠された爪痕」20170920
隠された爪跡 払い下げられた朝鮮人

第38回憲法を考える映画の会 と き:2017年10月14日(土)1

第37回「戦ふ兵隊・日本の悲劇」20170731
戦ふ兵隊 日本の悲劇

第37回憲法を考える映画の会 と き:2017年8月27日(日)13

→もっと見る

PAGE TOP ↑