*

魔法の9

公開日: : 最終更新日:2014/12/23 お知らせ, 作品紹介

映画『魔法の9』

魔法の9チラシ表 魔法の9チラシ裏

映画『魔法の9』予告編  https://www.youtube.com/watch?v=XqsbAHWz5Sk

■2014年/日本/112分/DVD/ドキュメンタリー

■監督・撮影・編集・ナレーション:前田真吹

■制作協力:映画「魔法の9」製作サポーターのみなさま

■取材協力:NPO太平洋戦史館

■資料提供:高松市/清田学

■http://movie-mahouno9.blogspot.jp/p/introduction.html

 

MAGICAL NINE いのちを巡る旅。 

約60万人の兵隊の遺骸が、
国外に今も放置され続ける国・日本◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆ ◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
~戦争の被害を受けるのは、多くが一般市民~
事の始まりは、たまたまアフガニスタンに行った事だった。
時は2003年。

あの9.11アメリカ同時多発テロ事件の報復爆撃が行われて、約1年半が経過していた。

そこで目にしたのは、廃墟の群れと朽ちた戦車。そして避難民テントに暮らす、家のない子ども達。
過酷な現状を真摯に生きる市民たちを知り、衝撃を受ける。
「罪のない子供や、市民たちの命を翻弄する戦争の不条理。」カメラはそこから、目を離さない。映画は、主に4つのパートで構成される。

Ⅰ.アフガニスタン~AFGHANISTAN~

濁った水を回し飲みしている子どもたちを目撃し、井戸掘り支援に関わろうとする私。次第に治安は悪化し、アフガニスタンは戦争の泥沼に陥る。
渡航を断念せざるを得なくなった私は、日本で高松空襲の体験者と出会う。

Ⅱ.空襲

第二次世界大戦中の1945年7月4日。香川県高松市はアメリカ軍による空からの攻撃を受け、1,359名が命を落としたといわれる。家を焼かれ大火事の中を逃げ惑った生存者は、数十年来、無償で語り継ぎを続けてきた。アフガニスタンの子どもたちと同じ体験をした人達が、自分の国の足元に沢山いた事実に、改めて気づかされた私は、日本の戦争体験者を訪ねる旅に出る。

Ⅲ. 放置され続ける、日本兵の遺骸。

~西部ニューギニアへ。~
第二次世界大戦の日本兵の海外戦没者数は、厚生労働省の発表で約240万人。
戦後約70年経った現在も、約120万人もの遺骨が未だ行方不明とされる。
海外で多くの日本兵の遺骸が、野ざらしになっていると聞いた私は、ご遺族たちとかつての戦場に向かう。

私達を出迎えたのは、戦後約70年を経て尚、未だに生々しく見捨てられた、戦場の跡だった。

Ⅳ.生存者は語る

かつてのニューギニア戦の生存者・飯田進氏は、高齢となった現在、入退院を繰り返しながら、著書や講演を通して、戦場体験を語り続けている。そこから、ニューギニア戦の驚くべき実態が浮かび上がる。
私たちは、過去の史実から、戦争から、何を学ぶべきなのか?

かつての命たちが、あなたに語りかける。
今あなたは、どんな「未来」を選択しますか?

魔法の9新聞記事 魔法の9上映案内

 

 

 

 

 

MAGICAL NINE いのちを巡る旅。        

             約60万人の兵隊の遺骸が、
       国外に今も放置され続ける国・日本。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆ ◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
 ~戦争の被害を受けるのは、多くが一般市民~
 事の始まりは、たまたまアフ
ガニスタンに行った事だった。
時は2003年。

あの9.11アメリカ同時多発テロ事件の報復爆撃が行われて、約1年半が経過していた。そこで目にしたのは、廃墟の群れと朽ちた戦車。そして避難民テントに暮らす、家のない子ども達。  

  ただの平凡な、戦争を知らない世代の1人だった「私」過酷な現状を真摯に生きる市民たちを知り、衝撃を受ける。

 「罪のない子供や、市民たちの命を翻弄する戦争の不条理。」カメラはそこから、目を離さない。映画は、主に4つのパートで構成される。

 

Ⅰ.アフガニスタン~AFGHANISTAN~

 

 濁った水を回し飲みしている 

子どもたちを目撃し、井戸掘
支援に関わろうとする私。
第に治安は悪化し、アフガ
スタンは戦争の泥沼に陥る。
航を断念せざるを得なくな
った私は、日本で高松空襲の
体験者と出会う。

©清田学

Ⅱ.空襲

 第二次世界大戦中の1945年
7月4日。香川県高松市はアメリカ軍による空からの攻撃を受け、1,359名が命を落としたといわれる。家を焼かれ大火事の中を逃げ惑った生存者は、数十年来、無償で語り継ぎを続けてきた。アフガニスタンの子どもたちと同じ体験をした人達が、自分の国の足元に沢山いた事実に、改めて気づかされた私は、日本の戦争体験者を訪ねる旅に出る。
提供:高松市
 

Ⅲ. 放置され続ける、日本兵の遺骸。
          ~西部ニューギニアへ。~

 第二次世界大戦の日本兵の海外戦没者数は、厚生労働省の発表で約2
40万人。戦後約70年経った現在も、約120万人もの遺骨が未だ行方不
明とされる。海外で多くの日本兵の遺骸が、野ざらしになっていると聞いた
私は、ご遺族たちとかつての戦場に向かう。
 私達を出迎えたのは、戦後約70年を経て尚、未だに生々しく見捨てられた、戦場の跡だった。

 

Ⅳ.生存者は語る
 かつてのニューギニア戦の生存者・飯田進氏は、高齢となった現在、入退院を繰り返しながら、著書や講演を通して、戦場体験を語り続けている。そこから、ニューギニア戦の驚くべき実態が浮かび上がる。
 私たちは、過去の史実から、戦争から、何を学ぶべきなのか?

    かつての命たちが、あなたに語りかける。
  今あなたは、どんな「未来」を選択しますか?

ad

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

関連記事

yahishi

【更新】「教えられなかった戦争・沖縄編」「やーさん ひーさん しからーさん」を追加

沖縄の戦争を考える2作品「教えられなかった戦争・沖縄編」「やーさん ひーさん しからーさん」

記事を読む

沈黙を破る

沈黙を破る

■パレスチナ・イスラエル問題を20年以上にわたり取材してきたフリージャーナリスト、土井敏邦が

記事を読む

ch

チェルノブイリ・ハート Chernobyl Heart

1986年4月26日、チェルノブイリ原発事故発生。
その事故により広く周囲に大量に撒き散らさ

記事を読む

第45回「スペシャリスト」20180923(電子メール発信用)

映画『スペシャリスト〜自覚なき殺戮者〜』

映画『スペシャリスト〜自覚なき殺戮者〜』 【上映案内】 第45回憲法を考える映画の会

記事を読む

kodomo

憲法を考えるWebサイトを立ち上げました!

「憲法を考える映画」Webサイトをベータ版を公開しました。 これからどんどん充実させて

記事を読む

首相官邸の前で

映画『首相官邸の前で』

映画『首相官邸の前で』 【映画の解説(チラシ・ホームページより転載)】 2012

記事を読む

標的の村in キタナラ

【報告】上映会「『標的の村』in キタナラ」に行ってきました!

【報告】上映会「『標的の村』in キタナラ」に行ってきました! 「憲法を考える映画の会」の準備会メ

記事を読む

0523kiri

【更新あり】東京新聞にて「憲法を考える映画」のリストが紹介されました!

2014年5月23日付けの東京新聞夕刊にて「憲法を考える映画」のリストが紹介されました!

記事を読む

KANBATSUNODAICHI

アフガン 干ばつの大地に用水路を拓くー治水技術7年間の記録

アフガン 干ばつの大地に用水路を拓くー治水技術7年間の記録 【上映情報】 「アフガン 干

記事を読む

平和の火をヤスクニの闇へ

「平和の灯を!ヤスクニの闇へ 2014キャンドル行動」のご案内

「平和の灯を!ヤスクニの闇へ 2014キャンドル行動」のご案内 日時 : 2014年8月9日(土)

記事を読む

ad

ad


第49回「天から落ちてきた男」190302入稿用
映画「天から落ちてきた男」

映画「天から落ちてきた男」 【上映情報】 第49回憲法を考える

わたしの描きたいこと
映画「わたしの描きたいこと─絵本作家クォン・ユンドクと『花ばぁば』の物語」

映画「わたしの描きたいこと─絵本作家クォン・ユンドクと『花ばぁば』の物

1201市民メディアチラシ181128修正
「われわれに今、表現の自由はあるか?」映画と講演の市民集会

「われわれに今、表現の自由はあるか?」映画と講演の市民集会 〜地域・

20181118国際勇気映画祭2018
国際有機農業映画祭2018

国際有機農業映画祭2018 と き:2018年11月18日(

第46回「OKINAWA1965」20181010一部修正2
映画『OKINAWA 1965』

映画『OKINAWA 1965』   【上映

→もっと見る

PAGE TOP ↑